ぴすれの備忘録

twitterでは書き切れないことなどを不定期に記入します

Anker PowerPort III miniを使ってポート数よりも急速充電が必要と感じた

手持ちの端末がUSB Power Delivery対応機になったので、
持ち歩き用充電器として「Anker PowerPort III mini」を使っています。

f:id:pslet:20200226005332j:plain

Anker PowerPort III miniとは

  • USB Power Delivery対応の30W出力対応充電器。
    • 所謂「急速充電」ができる充電器です。
  • 1ポートのみ 。
  • サイズは小さめ。
  • プラグ折りたたみ可能

f:id:pslet:20200226005340j:plain

これだけみるとごくごく平凡な充電器ですが、
複数ポートある充電器より、こちらのほうが自分の生活にはあっているのかと思いました。
今までの充電器だったPowerCore Fusionも持ち歩いていますが、
そろそろいいかなと思っています。

理由

カフェなどでは充電時間が限られている

  • コーヒー一杯で何時間も粘る人もいるかもしれませんが、わたしはせっかちなので30分が限界です。
  • 電源あり・充電自由のカフェでは「急速充電」で端末を使える状態にすることが必要。

充電忘れにも対応可能

  • 急速充電は精々30分もあれば50%くらいの充電ができるので、リカバリが効く。

出先でそんなに複数台充電をしない

  • 複数ポートある充電器でやっても、30分では20%かそこらしか充電ができない。
    • すぐに電池切れが襲いかかるのでストレスが貯まる。
  • 複数ポートのある充電器は、ホテルなど拠点での使用がメインになるかと思います。

まとめ

  • スマホが欠かせない人には急速充電は必須の時代かも。
  • 複数ポートあるUSB Power Delivery対応充電器はいらないかな。。。

www.ankerjapan.com