ぴすれの備忘録

気づいたこと よかったこと 悲しかったこと

Buffalo nasneを買って思ったこと

入手困難だったBuffalo nasneを購入しました。

www.buffalo.jp

nasneとは

  • Buffaloから発売されているNAS兼レコーダー
  • 2012年にSCE(現SIE)から発売された「nasne」が前身。

当時は業務用色の強かったNASとコンシューマー向けの代表であるレコーダーを合体させた大胆な発想。 また専用アプリの「torne mobile」が唯一無二の操作性だったことから、発売から9年たった今でも根強い人気があります。

私も初代nasneを持っており、いまだに壊れずに稼働してくれているので、 Buffalo nasneを買い増しすることにしました。

なお、本記事では区別のためにSCEnasneを旧nasne、Buffalo nasneを新nasneと称します。

基本性能について

  • チューナー数は1つ。地上波・BS混合端子が入ります。
    • これは旧nasneから変わらず。できれば2チューナーにして欲しかったです。
    • 1チューナーなので裏録画は1台だと不可。2台以上だと可能になります。
    • BS4Kには非対応なので注意。あくまでも地デジ・BSデジタル用途です。
  • HDD容量は2TBに増量。また6TBまでの外付けHDDに対応。
    • ポータブルHDDに対応したので、拡張は楽になりました。
  • 接続は有線LANのみに対応も旧nasneから変わらず。
  • その他、細かな仕様が2021年現在の内容にアップグレードされています。
    • SMBバージョンが2にアップ、B-CASカードがmini B-CASになるなど。

nasneから削られた点

  • 古いソニー製ゲーム機器、ソニー製テレビとの連動
    • 具体的にはPS3、PS Vita、Braviaが該当します。
    • ゲーム機は仕方ないとはいえ、Braviaは対応して欲しかったところです。同じソニー製ソフトのtorne mobileやPC TV Plusが対応しているたけに残念。
    • Android TVのBraviaであればメディアサーバー機能から新nasneで録画した動画視聴は可能でした。
  • ファンレス
    • 意外と気になる人がいそうなので記載。空冷ファンになりました。
    • ほとんど音はしませんが、可動部があるということはそれだけ壊れやすいということです。

登録方法

  • nasneと変わりなし。アプリから実施。簡単です。
  • なお、2021/05/10現在、新旧nasneファームウェアバージョンに差があります。
    • nasne:2.60 新nasne:3.50
    • これをどうとらえるかですが、旧nasneとは別のリリース、と思うのが自然です。
  • 2台運用は初ですが、あたかも1台かのように動くのはすばらしい。裏録画も問題なくできました。

nasneの利点とは

価格は29,800円。実はこの価格はあともう少し出せば東芝の全録機が買える価格です。

この機種は6チューナー内蔵で、無線LANも搭載。 大量録画をするユースケースや、単純なコスパでは間違いなく全録機の方が上でしょう。

kakaku.com

nasneの後継を求める人には間違いなく朗報で、もし壊れずに現役であれば複数チューナー運用ができます。

ただ、これから新規に買う方に勧めるとしたら、別のレコーダーとも比較検討した方がいいかと思います。

(追記あり タイトル変更)FitXRのサブスクリプション化で驚いた話

Oclulus Quest 2のボクササイズアプリであるFitXR。 おうち時間のフィットネスに丁度いいアプリだったのですが、ここにきて有料買い切り型から「基本無料」のサブスクリプション型への移行に踏み切ったようです。

実は同種のアプリでサブスクリプション型を採用しているケースは珍しくはありません。 が、FitXRのように「買い切り型」からサブスクリプションへ移行するケースは前代未聞です。

その価格は9.99ドル/月。音楽配信サービス1月分に等しい価格です。

税金を取るのはやめろ

Oculus Quest 2は最早FitXR専用機と化していたため、今回の変更はあまりに横暴と言わずを得ません。 FitXRはBeatsSaverと並ぶVR鉄板アプリだっただけになおさらです。

サブスクリプションは手軽・便利すぎるがゆえに「税金」と揶揄されることもありますが、 買っていたはずのアプリが急に税金を取るようになったとしたら、どう思うでしょうか。 そのパブリッシャからまた買おうと思いますかね。

有料版買い切りユーザーには申し訳程度に「90日間無料」体験がつくようですが、 どうせ乱発するのでしょう?という感想しかありません。

Oculus Storeのレビューも大炎上していますし、今からでも見直してほしいです。

www.oculus.com

5/4 21:24 追記 どうやら既存ユーザーは90日間経過後に「サブスクリプションなし」で買い切り時の仕様のまま使える模様。 実際にどうなるかは90日間経過後に判断となりますが、とりあえずは使えるようなので追記とタイトルを変えました。 steamのBoxVRのレビュー欄でもパブリッシャから追記があるので、相当火消しされているのかな、と。

サブスクリプション云々以前に、アプリ自体が凄く使いずらくなっているので、ここは直してほしいよ。。

朝型に転換したお店のモーニングを食べてみた

緊急事態宣言にまん延防止等重点措置などで、夜の営業がご法度になっている現在。
朝の営業はなぜか怒られないので、朝営業を始めたお店が出てきました。

地元はご老人朝方の人がおおいせいか、試験運用でいろんなお店がモーニングメニューを出しています。
これもコロナ禍の姿なのかなと思い、行ってきました。
在宅勤務開始までの暇つぶしって言うな。

続きを読む

M1 Macで20年ぶりにリトルウィングのピンボールをやった話

たまには懐古趣味的なエントリでも

ご存知の方もいるとは思いますが、M1 Mac では一部のiOS向けアプリが動きます。
有名かつ実用的な例だと「torne mobile」が該当しますね。

わずかなアプリの一覧を見ていたのですが、
なんとリトルウイングの「クリスタルカリバーン2」がリストにあるではないですか。
これはインストールせねば。

リトルウイングピンボール オフィシャルサイト

Macでのピンボールは思い出のゲーム

というのも、私にとって思い出のゲームです。
父親が最初にMacintoshを買った時に入っていたソフトがクリスタルカリバーン。
WIndows XP付属のピンボールも有名ですが、私にとってはリトルウイングのピンボールこそがパソコンのピンボールです。
当時は英語版を中心にリリースされていたので海外の会社だと思っていましたが、富山にある会社なんですね。

iOSアプリとして「クリスタルカリバーン2」としてリメイクがされています。
iPadでやるそれは形だけの別物に感じました。いや、面白いんですけどね。

しかしMacの上でやるとどうでしょう。
f:id:pslet:20210319011452p:plain
タッチ代替の機能で、十字キーでかろうじてレバーが動きます。
「キーボードでレバーを動かす。それも20年近く前と同じ台で。」
当時とはキー配置は違いますが、懐かしさのあまり40分ほどプレイをしてしまいました。

M1のiOSアプリ機能は期待できそう

M1はARMベースのおかげか、Intel Chromebookにあったような不可解な動きもありません。
たまにかくつきますが最適化の問題などもあると思うのでご愛嬌。
タッチ代替のカスタマイズをもう少し凝ったものにしたいなど、要望はありますが、これだけ動けば実用的です。あとは多くのアプリに対応してほしいですね。

たったの6万円台で買えるM1搭載Mac mini(認定整備済み品)を使ってみた

Appleシリコンのお試しモデルとも言えるM1搭載Mac miniが非常にお安い価格で出ていたので購入しました。

続きを読む

(追記あり)ワンナンバーサービスでApple Watchを使っている場合は前回の通話が続いていないか注意するべき

ドコモのワンナンバーサービスを使ってApple Watch Series 6のセルラーモデルを使っています。 すごく便利なんだけど、今日こんな事象が起きたので備忘。 改善されないと多額請求が怖くて使えません。 3/14追記 翌日の請求金額には反映されていないことを確認したので、追記。

起きたこと

iPhoneで架電した電話(33秒で終了)がApple Watch側で継続扱いになっていました。 手動で切断するまで、継続時間は2時間超。 かけ放題には加入していないので、もし2時間分の電話請求が5000円強となり、決して無視のできない数字です。

今回のシナリオ

当日は親にiPhoneを渡して電話、私は買い物に出かけていたので、 Bluetoothの範囲外に出たと考えられる。 買い物中に電話を終えたようだったので、セッションの同期がずれたのではと推測。 念のため通話相手にも2時間かかりっぱなしだったか確認をしましたが、切れていました、とのことでした。

ちなみにiPhoneは通話時は左上の時刻部分が緑背景・白色となるため、 通話中かどうかは一発で分かります。(iOS14.4.1現在の仕様)

Appleへの確認

アプリ経由でサポートで聞いたが、ペアリングの同期についての案内が来たのみで、決定打はなし。 なお、Appleでも同種の事象はあがっていないとのことで、相当レアな事象です。

ドコモへの確認

151経由で確認。 料金反映は翌日になるのでわからないが、ワンナンバーの仕様上そういう表示がされるかは別の担当に確認してもらいました。 iPhone側とApple側で同期をとった仕様になっている、とのことで、こちらでも特に決定打なし。

どうするのか

明日の反映次第とはなりますが、仮に請求ありだとしたら、即ワンナンバーを解約すると思います。 私の利用では電話よりもデータ通信が必要。こんなことで、無駄なお金を払いたくないです。
3/14 追記
電話料金にはカウントされておらず、Apple Watch側の誤表示の可能性大。
とりあえず一安心だが、心臓に悪いのでなんとかして欲しいですね。