ぴすれの備忘録

twitterでは書き切れないことなどを不定期に記入します

ワンナンバーフォンを使ってみた

発表当時から気になっていたワンナンバーフォンがドコモオンラインショップで5000円も値下げされていたので買いました。

f:id:pslet:20200217005758j:plain

ワンナンバーフォンとは

  • 2018年10月発売の、ドコモの「ワンナンバーサービス」を使ったスマホの子機。
  • 一度設定すればスマートフォンと同じ電話番号で待受や発信、SMSの送受信が可能。
    • 競合がApple WatchLTEモデルくらいしかなく、かなりニッチな存在。
    • 事実、発表当時はカードケータイ KY-01Lと並んで変態端末扱いされた。
    • 変態端末オフでも持ち込みを多数確認している。
  • 「ワンナンバーサービス」利用には月額税抜500円がかかる。これは上のApple Watchの場合も同様。
  • 今まではAndroidスマホしか対応していなかったが、最近になってようやくiPhone対応した。遅いぞ。

www.nttdocomo.co.jp

iPhoneで設定してみた

  • iPhone対応したのは購入した前日とかだったと思いますが、ご丁寧に説明書が同梱されていました。
  • iPhoneでは「ワンナンバー設定アプリ」をAppStoreから落とす必要あり。

ハマった箇所が何個かあったのでメモ。

iPhone自体とのBluetoothペアリングがなかなかできない

  • アプリから指示に従って設定をするのですが、ワンナンバーフォンとiPhoneのペアリング許容時間が短すぎる。
  • 3回ほどやりなおして、ようやくペアリング。ペアリングできればあとはeSIM設定は自動で行われます。
    • 前述の「ワンナンバーサービス」の申込みもアプリから可能。

連絡帳の同期がわかりづらい

  • ペアリング後、スマホの連絡帳をワンナンバーフォンに設定できるのですが、 こちらはアプリからBluetooth接続してiPhoneBluetooth設定から「連絡先を同期」して待つという仕様。
  • 普段からこの機能を使っている人ならわかりやすいかもですが、私は初だったので困惑しました。

利用してみた

  • とにかく軽くて小さい。ガラケー全盛期の端末よりも軽い。
  • 通話品質は普通。 ]
  • 電池持ちは意外ともたない。体感で3日くらいの待受で電池が半分になっています。
    • 充電端子はmicro usb Bなので今どきの機種としては微妙。もうType-CとLightningしか持ち歩いていないし。。

感想

  • スマホの子機として普段から使うかとしたら微妙なところ。カメラ付き端末がダメな拠点にいくにはつかえるかも。
    • 運動時の緊急連絡用につかうならありかな。。