psletの備忘録

twitterでは書き切れないことなどを不定期に記入します

大人向け「せんせい」?Kaiteを使ってみた

Asciiの記事で紹介されていて気になっていた、クリーンノート Kaiteを購入しました。
購入したのは、A4の方眼版。

www.plus-vision.com

紹介されていたAsciiの記事はこちら。
https://ascii.jp/elem/000/001/855/1855002/

書き味は

  • 「紙のような書き心地を目指した」だけあって、文句なし。個人的にはiPad miniApple Pencilの組み合わせレベルに達していると思う。
  • 写真で見てのとおり、文字の色は薄め。
    f:id:pslet:20190601210052j:plain
  • Boogie Boardと比較すると細かな描写もいけそう。

消し方は

  • ホワイトボードのスポンジのようなものと、ペンの裏蓋で可能。
  • Boogie Boardのように一撃で全部消すわけではないので、これは好みか。

専用アプリの使い心地

  • 単にスキャンするだけなら簡単。編集は試していません。
    f:id:pslet:20190601210904j:plain
  • jpeg形式の他、PDF形式にも対応しているので必要な人にはいいかも。  
  • 少なくとも昔買ったPDF対応Boogie Boardよりはぜんぜんマシ。
    あれは「セーブボタンを押してPCと繋げて初めて文章をダウンロードできる」代物だったので使わなくなった。

メリット

  • 同じようなガジェットと比較すると、手を出しやすい価格。

    • B5なら「Apple PencilやSurface Pen1本で2枚買える」と考えるとすごい。
  • ゴミは本当に出ない。

デメリット

  • ASCIIの記事でも出ていたが、衝撃にはすごく弱そう。
    • 特にペンは少し引っ張っただけで取れてしまいそう。注意書きのシールもわざわざ書いてある。
    • 「事故を起こさなければ」半永久的に使えると思うが外に持ち出す人はきついか。
    • 純正ペン、イレーザーも売っているがお高め。この価格ならもう一枚買った方が。。。
  • この理由で、お子さんのいる家庭で与えるにもリスキー。筐体が丈夫なせんせいの方がいいと思います。