psletの備忘録

twitterでは書き切れないことなどを不定期に記入します

今度こそ長く普及して欲しいワイヤレス充電

個人的に、少し前までは沢山採用されていたのに、今ではあまり採用されてないと感じる技術にワイヤレス充電があります。

 

ワイヤレス充電とは一言で言うと、充電台に置くだけで充電が出来る技術のこと。

規格としてはqiなどが該当します。

ユーザーからみると充電台を用意する手間があるものの、充電の度に端子をつながなくて良いので防水端末でのパッキン紛失防止や端子故障を防げるというメリットがありました。

 

3-4年前まではドコモのガラケースマートフォンパナソニックのモバイルバッテリー、GoogleNexusシリーズで採用など、多くの採用事例がありました。

しかし、ドコモがいつからか積まなくなり、Nexusシリーズでも5x/6P世代からUSB Type-Cになり採用されなくなってしまいました。最新のPixelシリーズでも採用がされていません。

 

Nexus 5XとNexus 6Pがワイヤレス充電に非対応である理由を開発チームが明かす - GIGAZINE

 

iPhoneでもサードパーティーからケースは発売されたものの、採用はされていません。

 

しかしここにきて、ドコモがスマートフォンでの採用(GALAXY S7 edgeあたりから)を再開、MotorolaもZシリーズ向けにワイヤレス充電用のアタッチメントを出すなど、息を吹き返しているように見えます。

appleも独自企画ですがapple watchで採用、新型iPhoneも(まだ噂レベルですが)ワイヤレス充電が採用されるのではとも言われています。

 

ワイヤレス充電が出てきた当時と比べると、充電台は1,000円程度で買えるようになり、敷居はかなり低くなっています。

IKEAからワイヤレス充電に対応した家電がでるなど、より生活に密着した規格になるだけに今度こそ広く長く普及をして欲しいものです。

 

ワイヤレス充電 - IKEA

 

AirPods購入。ストレスのないステレオ接続に驚いた。

Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」を購入しました。

www.apple.com

Apple公式ストアでは未だに6週間待ちですが、ヨドバシcomをみたら7/17時点で在庫ありだったため衝動買いをしてしまいました。

f:id:pslet:20170717143226j:plain

 

続きを読む

kindle voyageを中古で購入してみた

kindle voyage 3Gモデル(キャンペーンなし)を中古で購入しました。

f:id:pslet:20170717154021j:plain

 

2014年に出た当時は唯一の300dpiモデルだったKindle voyageですが、dpi数では今やKindle PaperWhiteと変わりません。

イマイチ立ち位置がわかりにくくなったモデルですが、現役で売られているモデルというのも事実。

Kindle PaperWhiteも持っているので、使っていての違いを記してみました。

 

・操作性

 voyage:画面タップだけでなく、縁のボタン(写真の縦線や丸の部分)でページ送り・戻しができる

 PaperWhite:画面タップでのみページ送り・戻しができる

 

・デザイン

 voyage:画面と縁に段差なし。スマートフォンのようにガラスで一体化している。

     落としたら割れやすそう?

 PaperWhite:画面と縁の間に段差あり。落としても段差で助かることあり。

 

・大きさ

 voyage<PaperWhite (ほんのわずか)

 

・(おまけ)amazon公式の扱い

 voyage:値下げなし。oasisと並んでプレミアムモデル扱い。

 PaperWhite:頻繁に値下げされてる。

 

ブロガーのレビューでPaperWhiteで十分という意見もみかけますが、

voyageの操作性は一度持ったら戻れなくなる魅力があります。

縁のボタンで片手でページ送り・戻しができるのはお手軽です。

 

欠点はデザインゆえに割れやすそうということでしょうか。

今までKindle3台、kobo3台持っていて、e-ink端末に保護フィルムなんて不要と思っていましたが、voyageだけはガラスフィルムを購入して保護しないと怖い気がしました。

 

ちなみにお値段はorigamiケース付きで17800円でした。

 

出ている数がかなり少ないですが、kindleファンは見かければ確保しておくのも手だと思います。

Mi In-Ear Headphones Pro HDを買ってみた

先日TJCが中国Xiaomiの日本正規代理店になったというニュースがあり、

商品がようやく発売されたので購入しました。

 

Xiaomi日本正規代理店 | TJC株式会社 | お客様と中国の開発/製造拠点の橋渡し

 

第一弾はモバイルバッテリーとイヤホンということで、

以前から良い評判を聞いていたイヤホンを購入。

 

ハイレゾマーク入りの箱があり

f:id:pslet:20170617183552j:plain

 

よくつかう中身だけ抜粋。

f:id:pslet:20170620225358j:plain

 

Xiaomiのイヤホンは偽物が多く流通していて並行輸入品はアテにならないという噂をよく聞くので、正規品が確実に手に入るようになったのはよいことですね。

 

肝心の音質ですが、嫌味のない感じの音といえばいいのでしょうか。

飽きのこない音を出してくれていました。

3500円ちょいで、この音を出してくれるのであれば非常に良い買い物かと。

普段がBluetoothイヤホンでワイヤードのイヤホンを使うのも久しぶりなので、多少は甘くなっているかもしれません。

 

惜しむらくはリモコン部の上下のボタンがiOSだと音量操作に使えないことですね。

Androidだと機能するとのことなので、ここは対応して欲しかったです。

 

 

Bluetoothイヤホンの選び方

iPhone7がイヤホンジャックを廃止したことで、Bluetoothイヤホンが注目を浴びる時代になりました。

 

2010年くらいから様々なBluetoothイヤホンを使ってきたので、今年からBluetoothイヤホンデビューする方向けに僕なりの選び方をまとめてみました。

 

1.タイプ

(1).ボックスレス型

紐だけのイヤホンです。現在の主流です。

AppleのBeatsXやJaybirdのBlueBudsX、BoseのSoundSportWirelessが該当します。

メーカーも価格も様々あり、評価高いのをとりあえず買っておけば間違いは無いかと。

安いのだと1000円台から買えるのもよいですね。

 

(2).ボックス型

イヤホンジャック付きのBluetooth受信機に好きなイヤホンを付けられるタイプです。

一昔前までは主流でした。SonyのSBH50など。

お気に入りのイヤホンが使えるというメリットはありますが、使い勝手はあまり有線イヤホンと変わらないです。

 

(3).完全ワイヤレス型

紐のない耳栓部分だけのイヤホンです。これからの主流でしょう。EARIN、AppleAirpodsなど。

ボックスレス型とは別格の快適さですが、まだまだ高価なものが多くペアリング方法も模索してるなあと言う感想です。

 

(4).ヘッドセット

携帯電話用のヘッドセットをイヤホン代わりにする 方法です。

完全ワイヤレス型同様に紐はありませんが、元々通話用のものなのでマイク部分が目立ちます。

通話は最近は他のタイプでもできるのであまり選択肢に入らないかも。

 

2.プロファイルについて

Bluetoothイヤホンには様々なプロファイルがあります。SBC、AAC、aptX、aptX HDなど。

送信機側、受信機側両方がプロファイルに対応している必要があります。iPhoneはaptXに対応していないので、aptX対応のBluetoothイヤホンを買ってきてもaptXは使えません。

 

単純に音質重視するのであれば、色んなプロファイル対応している製品よりも、イヤホンなどで名の知れたメーカー品使うことをオススメします。大抵、音質良いです。

 

3.何を買えば良いの?

ボックスレス型で、音質に定評のあるメーカーの製品を買っておけば間違いは無いかと。

完全ワイヤレス型はAirpodsで敷居は下がりましたがまだまだメーカーや製品が出揃ってないです。

 

SOL Republic Amps Airを買って使ってみた感想

トゥルーワイヤレスイヤホンが欲しかったので、SOL RepublicのAmps Air(ゴールド)を購入しました。

solrepublic.jp

 

トゥルーワイヤレスイヤホンがわからない方に簡単に説明すると、ケーブルのない耳にいれるところだけのBlueToothイヤホンです。

 

本体

f:id:pslet:20170304132735j:plain

本体はこんな感じ。

ケースは充電器を兼ねていて、12回程度充電ができるとのことです。

本体は親指の先くらいの大きさで、左右両方をつけてステレオとして使うことも、片側だけつけて使うことも出来ます。

ケーブルはもちろんありません。

 

・使用感

3/4、5と使ったので、簡単に使用感をまとめます。

使用環境はiPhone6s(iOS 10.2.1 + Amps Air

 

 ー音質

 良い方だが、SBCコーデックしか対応していないので注意。

 個人的にはBlueBudsXレベルの音質は出ているように感じました。

 

 ーペアリング

 癖あり。特に片耳だけで使う場合にペアリングがうまくいかないことがあります。

 このときはiPhone側からペアリングし直せば大丈夫でした。

 片耳から両耳で使う際は、片耳ペアリング中にもう一つを耳に入れれば

 難なくつながります。

 

 ー生活上の場面では

 耳にうまくフィットするため、通常使用では気づかないうちに

 落としているということはなさそうです。

 ケーブルがないため、着替えながらも使えます。

 合わない場面としてはお店に入る場合と寝イヤホンとして使う場合。

 お店に入る場合は両耳だと店員の声がほとんど聞こえません。

 また寝イヤホンとして使う場合も、横になると

 (僕だけかもしれませんが)落脱しやすくなります。

 

オススメできるか?

ペアリングに癖があるところから、まだ発展途上だなあというのが正直なところです。

お値段も16070円と多少高めということもあり、トゥルーワイヤレスが欲しい人には勧められるかというのが正直なところです。

 

ただ、ケーブルがないことの快適さは他に変えられないものがあります。

これからの主流になっていくと思うので、次世代機種に期待したいところです。 

Surface Pro 4を購入した

Surface Pro 4 (Corei7 8GB 256GB SSDモデル)を購入。

 

もともと私物のPCは以下の4台があったが、まともに使えていない状況が続いたので思い切って更改した。

・2012年頃に作った自作デスクトップ

 →突然ブルースクリーンで落ちる症状あり。1年に一回は再インストールしておりまともに使えない

MacBook Air 2013(Mid)

 →バッテリーが持たなくなってきた。液晶が数世代前なので古臭さを感じてきた。

Lenovo Miix2 8

 →タッチパネル無反応。

Acer Chromebook C720

 →液晶が論外。あとGoogle Play Store対応モデルでないので未来がなくなった。

 

Surface Pro 4にはこれらの4台と、長らく後継が見つかっていなかった10インチ以上の大きさのタブレットの役割を担ってもらう予定。

 

 

(Webを検索すると3ヶ月で壊れた、などあるのが少し気になるがモデル末期だし壊れないでと祈ってる。。)